忍者ブログ

旧JYJ world exists blog(2012.11.15-2013.8.31)

新しい記事は新ブログ(アメブロ)で書いてますが、過去記事はここに置いてあります。 JYJの非公式ファンサイト<JYJ world exists>のブログです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

年末年始のJYJとジュンス『悲しみのゆくえ』とユチョンが見てるアニメ

あっという間に1月も6日です〜。
年末年始はなんだかんだと忙しく、時間がない中でPCをつけても
JYJの情報を見ているうちに時間が過ぎ去り
ホームページやブログの更新をするまとまった時間がとれずにいました。

その2012-2013年の年末年始のJYJですが、
韓国MBC放送の演技大賞でのジェジュンとユチョンの受賞、
韓国SBS放送の演技大賞でユチョンの4冠、
ジュンスのバラード&ミュージカルコンサート3Daysの成功、
そしてジェジュンのミニアルバムの続報と話題が盛りだくさんでした。

……JYJのファンには「今頃?」な話ですけど、
後で新しくファンになった人が見るかもしれないので、一応書いておこうかと……^^;

日本では年末年始の10日間くらい、テレビは特別編成で特番ばかりになりますけど
韓国でのユチョン出演中のドラマはお正月でも通常放送なので夜遅くまで撮影してるとか……。
大変だけど、韓国は2月の旧正月の方を重視するようなので、
その頃にはユチョンのドラマも終了してゆっくり休めて丁度いいのかな?


話は戻って、年末のジュンスのコンサート。
アンコールで日本の楽曲『悲しみのゆくえ』を歌ったそうですね。
今まで問題があって歌えなかったが、とても愛着があって
この歌を韓国で歌いたくてこのコンサートをしたと言っても過言ではない、と。

これは日本のミュージシャンの歌のカバーではなくて、
2010年5月にジュンスが日本で出したシングルのカップリングの曲です。
BeeTVのドラマの主題歌として作られたバラードなんですが、
有名な作詞家の松井五郎さんがドラマの内容と、ジュンスの心境に思いを馳せて
歌詞を書いたと仰っていました。

日本での活動がほぼできなくなった2010年9月以降、
JYJとして、個人として、コンサートやファンミーティングなどでちょっとだけ
日本語の持ち歌を口ずさむことは今までもありましたが、
伴奏付きでフルで歌ったのは初めてです。
(『Intoxication』は歌ったことがありますが、
 あれはもとからジュンスの自作曲なので例外として……)

これは日本での前所属事務所問題が解決しつつあると思っていいのか、
とても気になるところではありますが、
韓国での中規模コンサート(1日約7000人)のアンコールで
ずっと歌えなかった日本での持ち歌を日本語で歌ったジュンスの思いに
胸を打たれました……

日本の文化が好き、と言ってくれる人も多くなった韓国ですが、
戦争中の経験からやはり抵抗感を持つ人も当然いて、
日韓両国で活動をする芸能人は板挟みになって苦しむことが多々あります。
だけど音楽は国境を超えると。
南米のファンがJYJの歌を一緒に韓国語で歌い、
ジュンスの『Intoxication』を日本語で一緒に歌ったように。

もし日韓にまったく軋轢がなく、また事務所との問題もなかったら
海を渡ってまで見に来た日本人のファンへのただのファンサービスで
選曲したと思ったでしょう。
だけど難しい問題を抱えながら、しかもアンコールにこの曲を選んだというのは
ファンサービスなんて軽い言葉では表現できない、
ジュンスの強い思いがあるのだと思いました。

『悲しみのゆくえ』という曲のリリース前後10ヶ月間は前グループが事実上継続不可能→
韓国でミュージカル初出演→日本でソロシングル発売→JYJの3人でドームコンサート→
米国でレコーディング→日本でミニアルバム発売→日本で活動停止→米国でアルバム発売……
と、ジュンスにとって激動の10ヶ月と言ってもいいくらいだと思うので、
その頃泣いたり笑ったり落ち込んだり励まし合ったりした数々の思い出が
曲とともにジュンスの中に蘇ってくるのではないでしょうか。

そして日本での活動がほとんどなくても応援し続ける日本のファンへの思い、
アンコールが日本語の曲でも受け止めてくれるはずだという韓国のファンへの信頼、
そういう諸々の思いもこの選曲に込められてる気がして、胸が熱くなりました。

実は正直に言うと、個人的にはこの曲大好きで繰り返し聞いてますけど
ジュンスは忘れてるのではと思ってました……
まず、歌う機会が非常に少なかったし、その後事務所との問題で日本に来る事が極端に減り、
徐々に日本語を忘れていくジュンスを見ていて……
JYJを見てると、本当に偏見や差別を持たない、そういうものと無縁な人柄なのがよく分かるので
日本に対して悪い感情を持ってるなんて疑ったことはまったくありません。
だけどジュンスは目の前のことに集中して頑張る性格な分、
徐々に遠くなる日本のことがジュンスの心の中でも小さく遠くなってはいないかと、
そんなふうに思ったこともありました。
それも仕方ないと……私、大人なので(笑)、諦めてもいました。

それだけに、ジュンスがここに来て韓国のコンサートでこの曲を歌い、
自分が歌った曲の中であえて一位を決めるならこの曲が一番愛着があると、
そう話したと聞いた時には

ジュンスーTT(号泣)

って、なりましたよ……(笑)
あー恥ずかしい……大人なのに……(笑)
だって、ただのアンコールの一曲ではなくて、
3日間ともオーラスを日本語のこの歌で締めたんですよ……
ジュンスのその気持ちに泣きますよ……(笑)

ジュンスって、ジェジュンみたいに露骨な愛情表現はしませんけど
時々すごい方法で愛情というか思いを表現しますよねー^^
いや、ジェジュンみたいに、露骨に、マメに、愛情表現してくれても全然いいんだけど……(笑)
二十代後半にもなって天使シア〜^^って、メンバーに老けたからやめろと言われつつ……(笑)
まあ、滅多に心を開かないドSユチョン(対ファン用の顔。共演者やスタッフの女子にはでれでれ)
に比べたら全然ましなんですけどー……
(ナイーブになると本心を見せたくなくなる気持ちは分かる……)

でもそのユチョンがファンの前でうっかり素のユチョンをとりこぼした瞬間↓

「日本のアニメ見てて……ワンピースとか、名探偵コナンとか、ソードアート・オンラインとか……」
by 韓国での日本人向けファンミーティングにて 2012.12

ソードアート・オンラインて、中二男子向けな感じの、
ダメ主人公(男)が異世界で可愛い女の子に何故かもてもてみたいな……
そんなアニメだったような……

歌うとめちゃめちゃ格好良くて、女性ダンサーとの絡みも何のそので、俳優としての立場も確立して、
インタビューもしっかり大人の受け答え、ジェジュンにも「時々年上に感じる」と言われるくらい
落ち着きと大人の魅力を手に入れたユチョン……
でもこういうアニメ見てるんだね(爆)
どんな顔して見てるんだろ!
と、ちょっと楽しくなってしまったのでした……(笑)


とにかく、2012年のJYJの3人は「厄年か!?」と思うほど災難に見舞われたけど
秋から年末にかけてジュンスのミュージカル主演男優賞受賞や3人揃っての久々の来日、
演技大賞でジェジュンとユチョンが評価されて受賞の様子が地上波でも放送されるなど
めでたい話題が増えてきたので、
その勢いで2013年がもっと明るい年になればいいなぁと思います!
JYJが活躍すればファンも明るくなるので結果的に日本もちょっと明るくなるはず!(笑)



余談……

厄年がちょっと気になって調べてみた(笑)
今年(平成25年 西暦2013年)は男性は昭和64年(平成1年)生 が本厄とのこと。(他の年代は省略)
JYJは3人とも1986年(昭和61年)生まれなので、
本厄は3年前の2010年。←あ、日本での活動停止した年;
前厄2009年の後厄2011年で、なんだ終わってるじゃないですか〜 (笑)

もっとも、私自身はあまり厄年を気にしてないんですが……
だって、毎年初詣に行く神社とお寺がそれぞれ一年ずれた厄年を発表して るんですもん^^;
そんなものなのね〜という感じで……
それに、大厄の年に病気をしやすいと聞きますけど、寿命が延びた現在と 昔では
同じ年齢でも体の状態が全然違うと思いますし〜。

ともあれ、厄年の不安もないことですし、ジェジュンのミニアルバム等のソロ活動、

そしてJYJのニューアルバムを楽しみに待ちましょう!
(もう英語曲はレコーディング済だとか……ユチョンのかっこいい英語が 聞ける〜^^)

拍手[11回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

フリーエリア

最新CM

[09/01 kyojunまま]
[08/26 sora]
[08/23 sora]
[08/19 sora]
[08/14 usagi]

プロフィール

HN:
月子
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R